選べる通信制高校の登校頻度

通信制高校は自主的学習を主体とした全日制高校、定時制高校に続く第三の高校として今注目を集めています。その最大の特徴は週5日朝から晩まで学校に通う必要がある全日制や、毎日夜間あるいは週末に学校に通う必要がある定時制とは異なり、ある程度自由に登校頻度がこちらで調整できる点にあります。


通信制高校と登校頻度

通信制高校は学校によって必要な登校頻度は異なるものの、凡そ必要ならば全日制のように週5日、不要なようなら最低で月1~2回と登校頻度の融通が効くのがポイントです。例えば週3で通う人もいれば、毎週末だけ通う人まで学生さんのペースや都合に合わせて登校日を設定できます。自分の勉強やモチベーション等にあわせて頻度を調整するとよいでしょう。


全く通わなくてもいいわけではないけれど

制度が定める所によれば通信制高校では年間凡そ20日程度の登校日あるいはそれに相当する面談時間を確保する事が卒業する条件となっています。その為通信制とは言え最低でも月1~2回は登校が必要という事です。ただしテレビ電話を利用した面談や、合宿形式のスクーリングを行う事で必要な面談時間をまとめて取る手法を採用している学校では年間凡そ3~4日の登校で済む通信制もあると言います。

Posted in 通信制高校

コメントは停止中です。