通信制高校の校則や制服

通信制高校には自由なイメージが強いかと思います。実際に全日制高校のようにガチガチに生徒を縛る校則を利用する通信制高校は少数で、多くの高校が私服の通学を許可し、生徒の個性を尊重するという教育方針を取っているようです。


制服のある通信制高校も

制服の用意がある通信制高校もあるそうです。ただし着用は個人の自由なので、購入も義務ではありません。高校生だから制服を着たい、と思う生徒がいればもちろん購入し、制服を着用の上、通学することもできます。多くの高校では私服が原則となっており、風紀を乱すような恰好でもない限り、先生も強くいうことはありません。自由な校風が多いと思っていいでしょう。


自分で責任を持てる行動を

洗髪やピアスなどもうるさく言わないところもあります。美容などを学ぶことができる通信制高校では、ネイルなども度が過ぎる長さでなければ認めるということもあるそうです。美容を学びたい生徒が、興味があるのは当然ですから、ピアスなどを容認するのも理解できますね。ただし、何をしてもいい高校ではありません。自分の行動に責任を持てる限り、生徒の自由を尊重する、それが多くの通信制高校が掲げるモットーにあるようです。

Posted in 通信制高校

コメントは停止中です。