通信制高校の授業

通信制高校は教材が与えられ、自分で学習計画を立ててそれを実践してゆきます。それによって必要単位を取得すれば、卒業できます。単位は単位認定試験に合格することで取得できます。教材には授業形式のものもあり、公立は一律のカリキュラムですが、私立の通信制高校は学校ごとに特色があります。


<授業>

NHKの高校講座は大変秀逸ですので、カリキュラムとして取り入れている学校もたくさんあります。もちろん独自のDVD教材やインターネット授業などを配信している学校もありますし、それとスクーリングをあわせて、通信制高校の授業になります。
その教材も元に自分のペースで学習してゆきますが、レポート提出のあとに単位認定試験を受け、それに合格することで単位がもらえるのです。授業内容はおおよそのところ、どの学校も差はありません。違いが大きく現れるのは、スクーリングと支援体制においてです。レポート提出でも基礎力がなければかなり頑張りが必要ですし、そこでくじけてしまう生徒もいます。この「くじけ」を助けるるのが、私立のバックアップ体制です。学習面や生活面での相談も気軽にできるような努力を行なっている通信制高校も増えました。スクーリングのあり方も、学校ごとにずいぶんと違います。

Posted in 通信制高校

コメントは停止中です。