大学受験の負担を軽くするために選ぶ通信制高校

通信制高校卒業後の進路を、大学進学とはじめから考えている生徒も年々増加傾向にあります。
しかし「あまり受験勉強はしたくない」ということであれば、大学進学を積極的に支援している通信制高校を選択することで、受験勉強の不可を軽減することができるケースもあります。


<大学進学の希望があるならば、それに特化した通信制高校を選択>

大学受験に向けた勉強に力をいれている通信制高校もあります。
高等学校卒業程度認定試験との併用などが進められ、早めに受験資格を得ることが出来れば、受験勉強へのフォローも行っています。
しかし「受験勉強は苦手だけど大学への進学はしたい」という生徒もいるでしょう。
そういったときには、大学の付属の通信制高校や、大学の系列校として開設されている学校を選ぶと、推薦枠が設けられているケースが多々有ります。
推薦枠を貰う条件はそれぞれ違いますが、生活態度(提出物やスクーリングなど)が良好であるということが大前提になります。
しかし条件がクリア出来れば、過酷な受験勉強を経験すること無く、大学への進学が叶う可能性が高くなります。
こういった学校はフォロー体制も充実されていることが多く、勉学に対する欲が出てくれば、更に高く望みを設定することもできます。

Posted in 通信制高校

コメントは停止中です。