中退者の通信制高校選択

全日制高校に入学しても、その中で学習怠慢や不登校、経済的な理由によって中退や退学を余儀なくされることがあります。そのような場合に注目されているのが、通信制高校です。


<高校入学の経緯がある入学希望者の場合>

高校に在籍していた時期が過去にあったり、高校を中途で退学することが決定している場合、その時点で単位をいくつかは取得していることが考えられます。そのような形で取得した単位は、取得済みの単位として通信制高校においては生かされます。年に2回の入学機会が与えられているのが通信制ですので、中退時期によって最大でも半年待てば入学が可能です。学校に行っていたことで得た単位が無駄になると実に残念なことですが、通信制高校には取得単位として認められますので、大変有益です。


<高等学校卒業程度認定試験と通信制高校の違い>

高等学校卒業程度認定試験とは、以前は大学入学資検定と呼ばれていました。そこからも垣間見られるように、大学入試や高校卒業と同等の学力を有していること求められる場において、その学力があると公的に認める試験です。よって「高校卒業」の資格とは違います。厳密に言えば「高校卒業を必要とする」という場面では、効果を発揮できません。通信制高校を卒業すると、「高校卒業」となります。ここに違いがあります。

外部参考サイト↓↓
ウェルカム通信制高校ナビ(http://www.tsuushinsei.net/)・・・・『ウェルカム通信制高校ナビ』では、高校中退者の受け入れに積極的な学校を複数紹介しています。

Posted in 通信制高校

通信制高校は中学で不登校でも大丈夫?

通信制高校では、中学生の学校見学や、高校中退者の受け入れなどを積極的に行っています。中でもカウンセラーなどを常駐させている通信制高校では、いじめにあってしまった生徒などをケアすることにも尽力しているそうです。


通信制高校なら勉強をやり直せる

本人が望んで不登校になった生徒はいないかと思います。しかし学校に行かないことでどうしても、学習能力の差というものが出てきてしまうのは仕方のないことでしょう。自宅やフリースクールで学習を進めているとしても、普通に通っていた生徒と比較すると、遅れや足りない部分があることも考えられます。通信制高校では、このような生徒にも対応するために質問教室や、個別指導の授業を行っているところもあるそうです。


分からない生徒も安心の少人数制

通信制高校に通う生徒は数が多いわけではありません。少人数ということをメリットにして、授業も先生が一方的に解説し、先に進んでいくような形にならない工夫を行う高校が多いそうです。生徒の数が少ないので、分からないことは何度でも説明ができる、生徒が後で質問に行きやすいというのも、学習面での不安がある生徒に取って非常にうれしいことなのではないでしょうか?

参考PR:通信制高校の学費比較サイト(http://www.sevillaporlarepublica.org)

Posted in 通信制高校

通信制高校の授業

通信制高校は教材が与えられ、自分で学習計画を立ててそれを実践してゆきます。それによって必要単位を取得すれば、卒業できます。単位は単位認定試験に合格することで取得できます。教材には授業形式のものもあり、公立は一律のカリキュラムですが、私立の通信制高校は学校ごとに特色があります。


<授業>

NHKの高校講座は大変秀逸ですので、カリキュラムとして取り入れている学校もたくさんあります。もちろん独自のDVD教材やインターネット授業などを配信している学校もありますし、それとスクーリングをあわせて、通信制高校の授業になります。
その教材も元に自分のペースで学習してゆきますが、レポート提出のあとに単位認定試験を受け、それに合格することで単位がもらえるのです。授業内容はおおよそのところ、どの学校も差はありません。違いが大きく現れるのは、スクーリングと支援体制においてです。レポート提出でも基礎力がなければかなり頑張りが必要ですし、そこでくじけてしまう生徒もいます。この「くじけ」を助けるるのが、私立のバックアップ体制です。学習面や生活面での相談も気軽にできるような努力を行なっている通信制高校も増えました。スクーリングのあり方も、学校ごとにずいぶんと違います。

Posted in 通信制高校

大学受験の負担を軽くするために選ぶ通信制高校

通信制高校卒業後の進路を、大学進学とはじめから考えている生徒も年々増加傾向にあります。
しかし「あまり受験勉強はしたくない」ということであれば、大学進学を積極的に支援している通信制高校を選択することで、受験勉強の不可を軽減することができるケースもあります。


<大学進学の希望があるならば、それに特化した通信制高校を選択>

大学受験に向けた勉強に力をいれている通信制高校もあります。
高等学校卒業程度認定試験との併用などが進められ、早めに受験資格を得ることが出来れば、受験勉強へのフォローも行っています。
しかし「受験勉強は苦手だけど大学への進学はしたい」という生徒もいるでしょう。
そういったときには、大学の付属の通信制高校や、大学の系列校として開設されている学校を選ぶと、推薦枠が設けられているケースが多々有ります。
推薦枠を貰う条件はそれぞれ違いますが、生活態度(提出物やスクーリングなど)が良好であるということが大前提になります。
しかし条件がクリア出来れば、過酷な受験勉強を経験すること無く、大学への進学が叶う可能性が高くなります。
こういった学校はフォロー体制も充実されていることが多く、勉学に対する欲が出てくれば、更に高く望みを設定することもできます。

Posted in 通信制高校

通信制高校をもっと楽しもう!

最近では通信制高校に通う方も増えてきているみたいですが、実際に通われている方は楽しむことが出来ていますでしょうか?
もちろん、メインは勉強をすることですが自宅学習が基本ですので勉強以外にも時間はありますよね。
その時間をもっと活用出来たら良いと思ったことはありませんか?
将来の夢に向かって頑張っている方はもちろん、自分の趣味に時間を割くのも良いかと思います!


通信制高校は専門学校みたい?

今では専門学校のような通信制高校が増えてきているみたいですよ。
アニメや漫画について学ぶことが出来たり美容系について学ぶことができたりと、様々な通信制高校があるそうです。
それなので中学を卒業したら通信制へ進路を出す方も増えているのだそう。
確かに通信制高校でそういったことを学べるのはとても楽しそうですし、毎日が充実しそうですね!
また、就職のための勉強を教えてくれる通信制もあるみたいなので、目的や夢によって選び方が変わってくるんですね。


スクーリングを活かしてみよう!

月に何度か、または週に何度か学校へ通うスクーリングと言うものがあります。
課題やレポートを提出するだけではなくて他の人達と話してみたり、分からなかった問題を先生に質問したりと時間を使ってみるのも良いかと思いますよ。
参考書を買っても分からない問題もありますし、そういった時間も活かすことが出来たら少しずつ習慣も変わって充実感が出てくるのではないでしょうか?

Posted in 通信制高校

通信制高校の校則や制服

通信制高校には自由なイメージが強いかと思います。実際に全日制高校のようにガチガチに生徒を縛る校則を利用する通信制高校は少数で、多くの高校が私服の通学を許可し、生徒の個性を尊重するという教育方針を取っているようです。


制服のある通信制高校も

制服の用意がある通信制高校もあるそうです。ただし着用は個人の自由なので、購入も義務ではありません。高校生だから制服を着たい、と思う生徒がいればもちろん購入し、制服を着用の上、通学することもできます。多くの高校では私服が原則となっており、風紀を乱すような恰好でもない限り、先生も強くいうことはありません。自由な校風が多いと思っていいでしょう。


自分で責任を持てる行動を

洗髪やピアスなどもうるさく言わないところもあります。美容などを学ぶことができる通信制高校では、ネイルなども度が過ぎる長さでなければ認めるということもあるそうです。美容を学びたい生徒が、興味があるのは当然ですから、ピアスなどを容認するのも理解できますね。ただし、何をしてもいい高校ではありません。自分の行動に責任を持てる限り、生徒の自由を尊重する、それが多くの通信制高校が掲げるモットーにあるようです。

Posted in 通信制高校

通信制高校なら学習の遅れを取り戻せる

通信制高校の中には、何らかの事情があって大幅に学習が遅れてしまっている生徒のバックアップを行うところがあります。通信制高校が利用する単位制という制度は時間割を自分で作り上げるものなので、決まった速度で学習を進める必要がありません。


基礎からやり直せる通信制高校

中には中学生の基礎が固まっていないという人もいるかと思います。全日制高校などでは、学習を終えた部分はすでに理解しているものとして学習が進むのですが、通信制高校ではそのような生徒にも合わせて個別指導などを行うところもあると言われています。補講に出席することで、中学生で習う基礎や、高校1年生で学ぶ基礎などを改めて学習することができます。勉強の遅れが不安な人は、入学前に先生などにも相談してみましょう。


進学を目指す生徒には進学コースも

進学コースや大学受験コースを設けている通信制高校では、進学を希望する生徒のために大学受験の学習も行うことが可能です。センター試験などに向けた学習が多いようです。中には進学塾と提携し、難関大学の合格を目指すようなコースもあるそうです。海外留学や進学など、自分が希望する進路が決まっているのであれば、早めに先生と相談して決めるようにしましょう。

Posted in 通信制高校

通信制高校の自宅学習はより学びやすく

通信制高校では、自宅学習を行ってレポートを提出することで、スクーリング以外の日程を過ごします。スクーリングでもレポートの内容は学習しますが、校外活動や仕事などでどうしても出席ができない生徒のために、授業や教科書の開設を配信している通信制高校も多いそうです。


通信制高校の先生の授業を録画、録音

通信制高校の先生が授業を行う様子をカメラなどでおさめ、それを生徒が自分の好きなタイミングで見ることができる学校もあるそうです。移動中や空いている時間を勉強に使うことができます。またレポートもパソコンやスマートフォンなどから送信すればいいというものもあり、生徒が学習をする時間をいつでも取れるように工夫がされています。


集中スクーリングでは自然を体感

スクーリングを宿泊学校などで行う通信制高校もあります。集中スクーリングなどと呼ばれており、このスクーリングでは、自然が豊富に残るところに臨海学校のように移動し、体験学習を行います。学校によって変わりますが、山登りや、海水浴を楽しむ、レクリエーション施設で運動をする、キャンプを行うなど、大人になると経験が難しいことを集中スクーリングでは実際に体験して学ぶことが多いようです。

Posted in 通信制高校

通信制高校とカウンセリング

通信制高校には自分の夢を実現する為に通っている人から、何らかの事情があって全日制高校に通い続けるのが困難になった人まで様々な人が通っています。生徒たちが抱える悩みも多種多様、その為通信制高校では様々な進路相談やカウンセリング技術をもった先生が教鞭を取っています。


一生徒につき一教師のマンツーマン

ある通信制高校では一人の生徒につき一人の先生というシステムに強い拘りを持った学校があると言います。一人の先生が多くの生徒を見なくてはいけない全日制と違い目が行き渡り安く、また親身になって勉強や相談に乗る事ができるからです。また先生も生徒の事を詳しく知れる為、的確なアドバイスや進路相談が行えます。中には生徒の方が自分で自分と相性の良さそうな先生を選ぶ事ができる学校もあるといいます。


自立する力を育てる通信制高校

また不登校や引きこもり、いじめなど通信制高校に通う生徒の中には深い心の傷を負っている方も居ます。そういった方が再び明るい気持ちで社会に進出するお手伝いもある通信制では行なわれていると言います。自己肯定等の意識改善から始まり、最終的には積極的に物事に取り組み自ら積極的に他者に話しかけられるようになる、そういった成長をその学校では促していると言います。

Posted in 通信制高校

選べる通信制高校の登校頻度

通信制高校は自主的学習を主体とした全日制高校、定時制高校に続く第三の高校として今注目を集めています。その最大の特徴は週5日朝から晩まで学校に通う必要がある全日制や、毎日夜間あるいは週末に学校に通う必要がある定時制とは異なり、ある程度自由に登校頻度がこちらで調整できる点にあります。


通信制高校と登校頻度

通信制高校は学校によって必要な登校頻度は異なるものの、凡そ必要ならば全日制のように週5日、不要なようなら最低で月1~2回と登校頻度の融通が効くのがポイントです。例えば週3で通う人もいれば、毎週末だけ通う人まで学生さんのペースや都合に合わせて登校日を設定できます。自分の勉強やモチベーション等にあわせて頻度を調整するとよいでしょう。


全く通わなくてもいいわけではないけれど

制度が定める所によれば通信制高校では年間凡そ20日程度の登校日あるいはそれに相当する面談時間を確保する事が卒業する条件となっています。その為通信制とは言え最低でも月1~2回は登校が必要という事です。ただしテレビ電話を利用した面談や、合宿形式のスクーリングを行う事で必要な面談時間をまとめて取る手法を採用している学校では年間凡そ3~4日の登校で済む通信制もあると言います。

Posted in 通信制高校